カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
Lamprey Lord
VNM・アビセアンNM。バストゥーク系列の第二段階。
北グスタベルグ、北グスタベルグ〔S〕、パシュハウ沼、パシュハウ沼〔S〕に出現するアモルフ類リーチ族。


変色ジェイドを所持した状態で、出現エリアのアビセアンとコンタクトすると出現する。


暗黒騎士タイプのようで、HPが減る毎に数回ブラッドウェポンを使用する。(Urdの様にHPの割合よってかは不明、という見てる余裕ないです;)
・トリプルアタックの頻度が高く、通常攻撃の追加に猛毒有り(50~150hp/3sec)


・WSはアシッドミストのみ

WS発動後にヘイトリセット、周囲にいると麻痺するフィールドを発生させる効果がある。
ミストの追加効果の攻撃力ダウンはなるべく早く治したいですが、ヘイトリセットがかかっているので注意

通常のアシッドミストと異なり、少しタメがあるためスタンで止め易い。


HPは20000くらい
攻撃は当たり易いので肉でも大丈夫だと思います。
精霊、弱体は通りやすい、弱体はスリプル、グラビデ、バインド以外は入る模様


パラニンと青が複数、白赤他後衛複数の2PT弱いれば大丈夫だと思います。

青数人いればでアシッドミストをほぼ完封出来ます。
アシッドミストを喰らった場合は、ナイトが全力でタゲ維持してる間に盾の回復を最優先で


精霊が普通に通るので黒PTで精霊ピンポンも行けるようです(やっているのを見ただけ)

メイジャン初期の頃は前衛をフルアラ近くまで集めて数の力で削りきるw
なんて戦術もあったみたいですね!

Urdより強く感じます、ミストでタゲが後衛に張り付くと一気に崩れるので人が沢山いても油断は禁物(`・ω・´)

ここでひとまずは終わりです、皆さん頑張ってください!
スポンサーサイト


ff11 | 【2010-05-27(Thu) 19:52:38】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Muller

Author:Muller

キャラクター

カウンター
TBP